petit amour

まゆかのこと。

出張中の宿

(はあ、疲れた) (……退屈だな) ブーン…… (ん、メッセージ?) from: まゆか おつかれさまです、体壊してませんか?おいしいものたくさん食べて乗り切ってくださいね! (……まるで母親のようなメッセージだな) ブーン…… from: まゆか p.s. 先輩がいなく…

出張中

(……先輩は出張中か) (……) to: 先輩 そっちはどうですか? …… from: 先輩 バタバタしてる ていうか仕事しなさい (怒られちゃった) (……ん?またメール) from: 先輩 おみやげなにがいい? (……ふふっ)

coffee break

「ふう、やっぱここのコーヒーは美味いねぇ」 「ですね」 「……君それロイヤルミルクティじゃん」 「ふふ、そうでした」 「はは」

弘法もなんとやら

「……はぁ」 「どうしたんですか、ため息なんかついて」

まるで。

「おい、そろそろ行くぞ」 「んあ、もうそんな時間か」 営業の棚田さんの声に、先輩が間抜けな声をあげた。 そういえば、会社のグループウェアに、客先ミーティングって書いてたっけ。

バイト

「先輩って、なんかすごい長い経歴みたいですよね」 「ん、どゆこと?」 「なんていうか、要領得ているというか。仕事のことすごい詳しいし、わたしより2、3年違うだけとは思えないなー、って」 「ああ、だって、経歴だけで言ったらプラス4年はあるから」 「…

おひさしぶり

「おはようございます」 「ん、おはよう。久しぶり」 「はい、おやすみいただいちゃって、すみませんでした」 「何言ってんの、ちゃんとした計画休暇なんだから、何もあらたまることないって」 「はい。……ふふ」

おうかがい

(……あ、そうだ、みずきちゃんに温泉のこと聞いておかなきゃ) from: まゆか ねえねえみずきちゃん、この夏何か予定ある? 先輩と、温泉でも行けたらいいね、なんて話してるんだけど、みずきちゃんとゆかりちゃんはどうかな、って思って。

初夏の初詣

「わあ、小さい神社ですね」 「小さいけれど、ちゃんと神様は祀られてますから」 「それじゃ、さっそくお参りしましょう」 「そだねー、早くしないとお昼休み終わっちゃうしね」 「はいっ」

抱負

「今年後半の抱負ねぇ」 「私はどうしようかな」

残り185日

「6月終わっちゃいますね」 「そだねぇ」 「今年ももう半分終わりかぁ」 「そだねぇ」 「今年の抱負、達成できそうですか?」 「……え?」

もうじき夏休み

「ん……」 「どうしました?」 「総務から夏休みの案内来てる」 「メール?……あ、本当だ」 「夏休みなー……やっぱり実家帰るの?」 「まだ決めてませんけど、予定なかったらそうかなぁ」 「おいらはどうすっかねぇ……」 「旅行とかどうですか?」 「うーん、ど…

メガネ

「あら、まゆかちゃん、メガネどうしたの?」 「……?」 「今日はコンタクト?」

iPad

「お、iPad」 「はい、最近ようやく使いこなせるようになりました」

あの頃。

「……ねえ」 「何?」

ボーダー

「最近ボーダーの服多いよね」 「ふふ、ですね」

あの頃。

「どうだった?」 「うん、なんとか平均点は取れそう」

あの頃。

「まゆかまゆか」 「うん、どうしたの?」 「高校どこにするか決めた?」

coffee brake

「ふー、もうアイスの季節だねえ」 「そうですね、おいしい」

埋め合わせ

♪〜 from: 先輩 今何してますか。 (ん、先輩だ)

行きたかったなぁ

「日曜日、何か予定ある?」 「え、ありませんけど、なんですか?」 「いや、駅でこんなイベントのチラシ見つけたんだけど、どうかな、って」 ……。

相変わらず

「おはよう」 「あ、棚田さん、おはようございます」 「あれ、あいつまだ来てないの?」 「あ、先輩はもうそろそろ……」

寒の戻り

「おはようございます」 「おはよ」 「今日は冷えますねー」 「そうだねぇ」 「……薄手のコートですね」 「……そうですね」 「冬物、もうしまっちゃったんですか?」 「もうクリーニング出しちゃって……」 「……」 「……」 「マフラー、使いますか?」 「あ……いや…

雨の日

ザァァ…… 「……」 「ん、お疲れ。なにしてんの?」 「あ、お疲れ様です。傘忘れちゃって……」 「あらあら。ご愁傷様だねぇ」

きざし

「おはよ」 「あっ、おはようございます」 「もう春の装いか」 @noboru 久々やね pic.twitter.com/8Nf0AU4TFl— sumimaro (@sumi_maro) 2015, 3月 16 「はい、今日はちょっと暖かいから」

企鵝

「あっ、ペンギンコーナー!」 「うん、だねえ」

水族館

「水族館とか久方ぶりにきたな」 「そうなんですか?」 「うん、来る機会ないからねえ」 「そうですか。わたしは時々お友達ときてますよ」 「そなの?意外な趣味。魚好きなの?」 「魚も好きですけど……あっ」 「うん?」

こじらせる

「……グスッ」 「え、どうしたの?なんかあった?」 「あ、いえ、この本読んでたら、感極まってというか……」 「ふむ?そんなに面白いの?」 「はい、読みますか?」 「ぜひ、読み終わったら貸してください」 「はい、いいですよ」

作戦完了 (St. Valentine's Day Episode 8)

「ごちそうさま」 「毎度ー。バレンタインのチョコはちゃんともらえたかい?」 「しつこいぞおっさん……」 「はっは、こう見えても心配してんだよ。いっつもさみしいバレンタインじゃんか」 「ぐぬぬ」 「どう?ちゃんと渡せたかい?」 「あ、は、はいっ」 「…

突撃 (St. Valentine's Day Episode 7)

「そう、でそのドラマってのが1回1回でちゃんと完結で見やすくてさ」 「へぇ、今度私も見てみようかな」 「うん、真面目で堅苦しそうだけど、見てると結構はまるよー」 「仲いいねぇ相変わらず」 「あ、マスターさん」