petit amour

まゆかのこと。

口実

「おはようございます」

「あ、おはよう」

「この時間の駅で会うの、珍しいですね」

「そだねー、ぼくいつも遅刻ギリだしねぇー」

「うふふ。そういう意味じゃないですよー」

「しっかしさっぶいねー」

「そうですね、急に冷えましたね」

「こういう寒い日は……」

「こういう日は?」

「あったかいコーヒーでも飲みたいですなぁ」

「そうですね、カプチーノとか」

「おっ、わかってるねぇ。あのモコモコの泡がいいんだよねー」

「ですね。……うふふ」

「ん……なんか変なこと言った?」

「モコモコの泡が好きって、なんだかかわいいな、って」

「かっ……かわ……?」

「わたしも好きです。モコモコの泡」

「そ、そう」

「カフェとか行くんですか?」

「ん、あ、ああ、うん。あんまり外でないから、出かける理由作りで。……なんかOLっぽいとか思ったでしょ」

「いえ、そんなこと思ってませんってば」

「そうー?別にいいけど」

「ふふ」

「……どしたの」

「なんかふてくされてるのもかわいいな、って」

「なっ、ちょっ、何言ってんの。なまいき!」

「きゃあ、ごめんなさい」

「ま、いいけど……」

「ふふふ、またふくれっ面」

「おいっ」

「キャッ、ごめんなさーい。じゃあ、おわびに、今度おすすめのカフェに連れてってくださいよ」

「……それのどこがお詫びなの」

「一杯だけなら私がおごります」

「よっし。じゃあ土曜日に行こうと思っていたカフェがあるけど、一緒に行く?」

「えっ……!?えっ、ほんとに?」

「なんだ嘘だったのか」

「ど、土曜日って、あ、明日ですよね、そんな急に!?」

「予定あるなら別にいいよ」

「いー、いきます!いきましょう!」

「んじゃ、明日の1時に駅集合でー」

「は、はい!!」