petit amour

まゆかのこと。

読書の秋

「はい、これ、読み終わりました!」

「……えっ、もう?」

「はい、とっても面白かったので、あっという間に読み進めちゃいました。なんか出てくる人みんな変わっててるんだけど、どこか可愛い人ばっかりで、クスクス笑いながら読んじゃいました」

「そか、気に入ってよかった。って、それあげる、って言わなかったっけ……」

「え、そうだったんですか……?」

「まあ、いいや。この人の他の本も面白いけど、読む?」

「え、いいんですか?」

「いいよー、単行本だけどいい?」

「あ、じゃあ是非!」

「せっかくだし、何冊かもってくるね」

森見登美彦さんの「恋文の技術」は本当に面白いので、ぜひみなさんも読んでみてくださいね。

恋文の技術 (ポプラ文庫)

恋文の技術 (ポプラ文庫)