petit amour

まゆかのこと。

芸術の秋

「趣味って、やっぱり読書ですか?」

「やっぱりって何よ」

「いえ、普段からよく本読まれてるじゃないですか」

「んー、休みの日とかは家でゲームしたりとかかなぁ」

「あっ、ゲームとかするんですか?」

「昔は中毒くらいだったけどね、最近はほどほどに」

「へぇー、わたしゲームあんまり詳しくないんです……」

「そう……あー」

「どうしたんですか?」

「いや、やっぱないしょ」

「えー、気になります。なんですかー?」

「いや、趣味っていうか、練習中なんだけど、いま楽器やってたなぁ、って……」

「えっ、楽器?」

「うん……ギターとベースと、あとウクレレ……」

「すごい!多趣味!」

「いやいやいや、習ってるだけで、腕は全然……」

「でも習ってるだけでもすごいです、わたしなんか、習い事何もやってなくて……」

「まあ遊びだよ遊び」

「でもいいなぁ、楽器、私もやってみたいなぁ……」

「一緒に通う?」

「えっ、だっ、だめですっ、わたし楽器もってないし不器用だし一緒にだなんてそんな……」

「んー、いいと思うけどなぁ、通ってるひと、みんな弾けない人ばっかりだよ?」

「でも、人前で弾くの恥ずかしいし……」

「んー……じゃあ、教室じゃなくて、ぼくがウクレレ教えたげようか?自分も弾けるわけじゃないけど、簡単なコードくらいなら教えられるかな……」

「えっ……えっ、ほ、ほんとですか……?」

「うん、いいよ。2本あるし、どっか広い公園とかで、今度練習しようか」

「は……はい!!」