petit amour

まゆかのこと。

あなたにえらんでほしいのです

「わたし、新しいメガネ買おうと思うんです」

「そう」

「どんなメガネがいいと思います?」

「……なんでぼくに聞くの」

「……なんとなくです」

「まあいいけど。どんなんが似合うかねぇ。他のメガネ掛けた写真とかないの?」

「……あるけど見せません」

「……なんでよ」

「恥ずかしいからです」

「……あ、そう。ぼくメガネ掛けないからわかんないんだけど」

「そういやメガネ掛けてるのみたことないですね……視力いいんですか?」

「うん、両目1.5」

「えっ、そんなにいいんですか……?」

「そだよ。むしろ昔はメガネ憧れたけどね」

「掛けてみないんですか?」

「……今人の話聞いてた?」

「そうじゃなくて……ほら、いまオシャレメガネとかあるじゃないですか」

「あー、伊達メガネでってことね。んー、掛けてもいいけど、メガネ屋行ったことないから勝手がわかんないんだよね」

「じゃ、じゃあ、わたしのメガネ選ぶついでに、一緒に、その……行きませんか?」

「……なんで今日そんな勢いあるの」

「すみません……イヤならいいです……」

「いや、面白そうだから行ってみたいけど」

「ほんとですか?」

「じゃあ今日の帰りに寄ってみる?」

「はいっ!!」