petit amour

まゆかのこと。

あなたがえらんでくれたので

「……で、どれにすんの?」

「えー……いっしょに選んでくださいよう……」

「選んであげたいのは山々なんだけどねえ。ぼくメガネのことは詳しくないんだわ。……ん、このカラフルなやつとかどう?」

「ダメです、似合わないです」

「わかんないじゃん、ほら、掛けてみ」

「あうぅ……」

スッ……

「……どうですか?」

「……」

「……あの?」

「……(プッ)」

「!!!笑った!!!」

「ごめん、さすがに適当に選びすぎた」

「自分が掛けてみてっていったのに!!」

「ごめんなさいちゃんと選ぶから許してくださいー」

「も、もう……」

「んー……この丸メガネとかどう?」

「それは……私が掛けるとガリ勉みたくなるから却下です」

「んーむつかしいなあ」



「ん、これは?シンプルだけど色がかわいいんじゃない?」

「あ、ほんとう……」

スッ……

「……どうですか?」

「んー、おお」

「?」

「いいじゃん」

「ほんとうですか?」

「うん、きょう掛けたやつで一番似合っててかわいいとおもう」

「ほっ……ほんとうですか?」

「うん、これは当たりなんじゃない?鏡、ほらそこ」

「あ、はい……」

「……ね?」

「あ、はい……すごくかわいいですね、これ」

「だねー」

「……これにします」

「おう、即決」

「はい……」

「決まってよかったねえ。んじゃぼくは……」

「……あれ、メガネ買うんですか?」

「うん、PCメガネってやつ?そんなに高くないしいいかな、って。ほら……これ」

スッ……

「どうよ」

「……(プッ)」

「なっ!?」

「ご、ごめんなさいー、でも、さっきのでおあいこです」

「ぐ……なまいきな」

「それじゃ、わたしレジ行ってきますね」

「あいよー」