petit amour

まゆかのこと。

おすそわけ

「さて、めし……」

「……またカップ麺ですか?」

「勘弁してくださいよーお母さんー」

「もうっ、変な言い方やめてください」

「へーい、すいませーん。お正月からおべんと作って偉いねぇ……」

「お正月ったって、もう平常運転じゃないですか」

「だねぇ。カップ麺食ってるやつの言うことじゃねえな」

「ほんとですよ……」



「ごちそうさん、と」

「それだけで足りるんですか?」

「まあ、腹減ったらコンビニがありますし」

「不健康だなぁ……あっ」

「ん?」

「そうだ、昨日、お友達の家に遊びに行ったんですけど……ほら、クリスマスのときの、みずきちゃん」

「ああ、あのカフェの」

「はい。彼女の家で、みんなで焼き林檎パーティしたんです」

「またなんか洒落たことを……」

「その時作った焼き林檎持ってきたんですけど」

「食べます」

「……聞いてもいないのに即答ですね」

「林檎好物なのよー、ありがとうー」

「まだあげるって言ってません」

「え、くれないの」

「……あげます」

「さーんきゅっ」

「もう……はい、これ」

「おー、いい感じにきつね色。いただきまーす」

……。

「……どうですか?」

「……」

「……だめ、ですか?」

「紅茶欲しい」

「え?」

「コーヒー好きだけどこれは紅茶に合いそうだねー」

「紅茶は……ちょっとないですけど……」

「わかってるって。うん、こりゃうまいわ」

「ほっ、ほんとですか?」

「まあぼく悪食なんで、世間一般はどうかわかりませんけど」

「またそんな意地悪言うんだから……」

「とりあえずぼくは大好きですねこれ」

「(……やった)」

「うん、うまい。ありがとう」

「林檎、そんなに好きなんですか?」

「うん。昔は林檎出てくると飛び上がって喜んでました」

「じゃあ、今度みんなでアップルパイ作って持ってきます!」

「き、急にどうしたの声張り上げて……」

「あ……すみません……」

「ま、まあ、それも楽しみにしてる、アップルパイも好物だし。ありがとう」

「は、はいっ」