petit amour

まゆかのこと。

先入観

「そういやさ」

「なんですか?」

「普段家でなにしてるの?」

「え、本読んだり、紅茶いれたり……」

「ふーん」

 「どうしたんですか突然」

 「いや、なんとなく『テレビあんまり見なさそう』とか思って」

「あっ、なんですかそれ、勝手にイメージつかちゃってますか?」

「そうですね。じゃあテレビ見るんだ」

「いえ、あんまり」

「あ、そう……」

「テレビ見るんですか?」

「いや、ぼくもあんまり見ないかなぁ」

「だと思いました」

「お互いわかりやすいね」

「ですね。普段は何してるんですか?」

「本読んだり、コーヒー淹れたり……」

「……」

「……う、うん」

「あはは……」

「あ、でもほら、コーヒーはちゃんと豆から淹れてるから」

「へぇー、まめですねぇ」

「……だじゃれ?」

「?」

「豆だけに」

「あ……も、もうっ」

「違ったのか」

「違いますっ。でも、コーヒー入れるのお上手そうですね」

「そう?そんなイメージある?」

「はい、だって素敵なカフェいっぱいご存知ですし」

「いやいっぱいってわけじゃ……。コーヒー、あんまり家で飲まなさそうだよね」

「はい……自分で入れても美味しくないし、インスタント飲むと気持ち悪くなるし……」

「気持ちはわかるけど、ぜいたくな悩みですなぁ」

「インスタント飲むんですか?」

「面倒なときは飲むよ」

「へぇー、意外。こだわってそうなのに……」

「こういうのは使い分けです。つってもインスタントよりドリップバッグが多いけどね」

「やっぱりこだわってるじゃないですか」

「そうかねぇ、インスタントの延長くらいかと思ってたわ」

「そういうのをこだわってるっていうんです。私も上手にコーヒー淹れたり、美味しいコーヒーの味覚えられたらなぁ」

「じゃ、そのうちぼくが良く行くコーヒー豆屋さん連れてったげるよ」

「ほんとですか?」

「うん。美味しい豆で頑張って淹れてくれたまい」

「はいっ。じゃあ、いつか淹れ方も教えてください」

「あいよー」

「ありがとうございますっ」