petit amour

まゆかのこと。

一番大切な一枚だったのは内緒です

「もうすっかりお正月ムード終わっちゃいましたね」

「そだねぇ」

「年賀状、何枚とどきました?」

「ん、ぼく?たしか25枚くらいかな……」

「すごい多いですね」

「え、むしろ少なくね……?」

「えっ……」

「何枚届いたの?」

「え、えと……」

「……20枚?」

「い、いや……」

「……15?」

「……」

「……」

「……な、7枚」

「少なっ!」

「も、もうー!」

「えー、学生時代とか、なんかサークルでとか、そういうのなかったの?」

「はい、あんまり……」

「ふぅん……」

「でも、全部大事な人からの年賀状だったので、いいんです」

「そう」

「はい」

「……ん、全部?」

「あ、も、もうお昼終わります!」