petit amour

まゆかのこと。

あの頃。

「まゆかまゆか」

「うん、どうしたの?」

「高校どこにするか決めた?」

「うん、**にしようかな、って」

「あっほんと?あたしと一緒だ」

「ほんと?じゃあ一緒の高校だね」

「だねー」

「でも、みさおちゃんは私より成績いいけど、私、大丈夫かな……」

「平気平気。私も勉強付き合うから。ちょっとがんばればいけるって」

「う、うん。ありがとう」

「でも意外ー、まゆかって専門系の高校行くとばかり思ってたから」

「うん、迷ったけど、大学行ってからでも遅くないかな、って思って……」

「そっかぁ」

「……」

「どうしたの?」

「なんか、みんなと離れちゃうんだなぁって思うと、少しさみしいなって」

「早すぎるって、受験までまだ半年以上あるんだからね」

「そうなんだけど……」

「まあ、私たちも、大人になって、離れ離れになっちゃうのかもねー」

「うん……」

「……アハハ」

「?」

「なーんてね。学校終わったくらいで途切れるわけないじゃん。メールも電話もあるし、大人になっても、離れ離れになっても、ずっと友達だから」

「……うん、ありがとう」

「えへへ」

「ふふ……。なんか、くさいね」

「やかましいっ。言わせたのあんたでしょうがー」

「ごめんごめん、ふふ」