petit amour

まゆかのこと。

あの頃。

「どうだった?」

「うん、なんとか平均点は取れそう」

「そっかー、ちゃんと一緒に勉強した甲斐があったよ」

「すごいよ、みさおちゃんの山ほとんど当たりだもん」

「へへへー、こう見えてちゃんと授業聞いてるんだかんね」

「うん、みさおちゃんとならなんか自信湧いてきたかも」

「でしょでしょー?私にまっかせなさーい」

「調子良さそうだな」

「あ、ノブ。暗い顔してんねー」

「山全部はずれた……最悪」

「あらあら、そりゃー御愁傷様ねー」

「受験やっべーなぁ」

「あの、ノブくんも、私たちと一緒に勉強する?」

「えっ、俺が?お前らと?」

「うん、みさおちゃん、すごい勉強教えるの上手なんだよ。きょうも明日のテストの勉強をうちでするんだけど、ノブくんも一緒にどうかな。ね、みさおちゃん」

「あたしは、まあ、まゆかがそう言うなら、構わないけど……」

「うん……まあ、俺も、星野がそう言うなら……」

「うん、じゃあ、帰ったらうちに集合ね、それじゃあ!」

「う、うん」

「あ、ああ」

「ねえ」

「うん、なんか星野妙に元気だったな」

「だね。ま、いいか。そんじゃ、また後でね」

「おう」