petit amour

まゆかのこと。

まるで。

「おい、そろそろ行くぞ」

「んあ、もうそんな時間か」

 営業の棚田さんの声に、先輩が間抜けな声をあげた。

 そういえば、会社のグループウェアに、客先ミーティングって書いてたっけ。

 棚田さんはグレーのスーツでいかにも出来る営業マン、といういでたちなのだけれども、対する先輩は、よく言えばカジュアルスタイル、はっきり言ってしまえばかなりラフな格好で、正直客先に行くような格好ではない。もっとも、今日は比較的ゆるめのお客さんらしいので、ダメージジーンズでも履いていかない限りは誰も咎めたりはしないだろう。

 まあ、先輩のスーツ姿なんて、年に何回見られるかわからないけれど。

「えーと、名刺入れどこだっけ……」

 先輩が机の上をゴソゴソと書類をひっくり返しているが、名刺入れが出てくる様子はない。

「はい」

 私は自席に座ったまま、先輩の机の引き出しを引っ張り出した。そして、アルミ製の名刺入れをつまんで取り出した。

「ん、ありがと」

 先輩はそう言って名刺入れを受け取り、ジャケットの胸ポケットに押し込んだ。

「印刷した資料は持ちました?」

 私は席から離れたところにあるプリンター台を一瞥した。

「それはさすがにカバンに入れておりますよ」

「そうですか。何時頃戻ります?」

 私は矢継ぎ早に尋ねた。先輩が午前中に長時間をプリンタの前で過ごしていたので、今日のミーティングは時間がかかるかな、と思ったからだ。

「まあ、17時頃には戻るかな」

 先輩が腕時計を見つめながら答えた。

「そうですか、気をつけて行ってきてくださいね」

「へーい……ん?」

 私が笑顔で二人を見送ろうとしたら、棚田さんが呆れたように目を細めて、私たちの方を見つめていた。

「え、棚田さん、どうしたんですか?」

「いや、お前だらしないというか」

「うっせーな」

「まゆかちゃんが世話焼きすぎだなというか」

「そ、そうですか?」

「お前ら夫婦か、っていう……」

「はっ!?」

「ちょっ!!?」

 棚田さんの言葉に、先輩も私も言葉を詰まらせてしまった。

 突然何を言い出すんだろう、この人は……。

「ま、いいや。ほれ、いくぞ」

 棚田さんが先輩の方を叩いて事務所の入り口へ歩き出した。

「あ、うん。じゃ、じゃあ、行ってきます……」

「い、いってらっしゃい……」

 先輩も、後ろ頭を掻きながら、棚田さんについていく。

 私は、ドキドキする鼓動を感じながら、二人が事務所から出て行くのをぼんやり眺めていた。